ブスを緩和させ隊

〜ブスだって諦めない〜

私の二重作りの歴史②〜アイプチ時代〜

つけまで偶然奥二重になった。

万年一重だった私にとって、これは感動的な出来事✨

 

 

ここからアイプチも使って

二重メイクをするようになりました。

 

 

 

 

 

◼️アイプチ時代(20〜26歳)

アイプチ+つけま→奥二重

 

 

化粧の順は、

アイシャドウ→アイプチ→アイライン

→つけま→アイライン修正

 

 

アイプチだけでは二重にならず、

芯太めのつけまを付けて奥二重にしていました。

 

 

なぜ二重ではなく奥二重かというと...

 

 

⚫︎技術不足

   瞼が重く、奥二重が限界。

   二重を作るには、

   これでもか!というくらいアイプチを塗り、    

   不自然にするしかありませんでした。

 

 

⚫︎周りの目が気になった

   一重からいきなり不自然な二重になったら

   周りが「おや?」と思うのでは...

   と考えたら二重にはできませんでした💦

 

 

 

 

試したアイプチはこんな感じですが、

f:id:komachis:20180705203236j:image

一番長く使っていたのはこちら↓

f:id:komachis:20180705203627j:image

イミュ

アイプチリキッドテープN

 

 

折込式のアイプチですが、

これで瞼をくっつけて奥二重にしていました。

 

 

当時しっくりきたのがこのアイプチ👍

3年くらい使っていたかな?

 

 

●一番二重になりやすい(気がする)

⚫︎涙で濡れても白くならない(気がする)

⚫︎接着部分が目立ちにくい(気がする)

 

 

という理由でずっと使っていました。

今思えばどのアイプチでも大差なかったと思います笑

 

 

 

 

アイプチを失敗したまま直す時間もなく

仕事に行ったこともあったし、

アイプチが取れたことに気付かず、

働いていたこともありました。

寝坊をして完全なすっぴんで職場に行ったことも...

 

 

整体に行ったときは、

うつ伏せになったことでアイプチとつけまが取れ、

施術後、顔が変わっていた!

なんてこともありました笑

 

 

 

 

そんなアイプチ時代を過ごしていたわけですが、

困ったことが1つ...

 

 

それは涙目。

 

 

今でもそれは変わらずですが、特に朝、涙が多く、

昼過ぎくらいまで涙目なんです...私。

 

 

まばたきすると、

目尻と目頭(蒙古襞のところ)に涙がたまってきます。

 

 

アイプチが乾く前に涙で流れる...

奥二重にしても目頭がすぐに剥がれる...

涙でつけまが全くつかない...

 

 

なんてことはしょっちゅうでした。

 

 

ほかに手段もなく、

ティッシュで涙を拭きながら化粧していました💦

 

 

アイボンや目薬で、

朝の目のショボショボ感を軽減させると

少しマシになる気もしましたが、

とにかく涙目には困らされました...

 

 

 

 

こうして、気付けばアイプチ歴約6年!

当時から「アイプチしてたら二重なった!」

という話はありましたが、

化粧を落とした瞬間から一重になる私には、

夢のまた夢の話でした😭

 

 

そして二重になることを諦めきれなかった私は、

アイテープに出会うことになるのでした。

 

 

 

 

...つづく